« 隣の田んぼ | トップページ | 梅雨明けだろう。 »

2007年7月23日 (月)

梨の生育 No15

064 7月23日、梨の木も真夏の暑さに、少しまいっているようで、はっぱが、少しでも太陽の光線から逃れようと、巻き加減である。

葉がいっぱい生い茂り、梨の木下は、木陰になり、すごし易い。

梨の実が、葉であまり目立たないが、もうすぐ収穫できるぐらいの大きさになっている。

珍しいことに、今年はまだ、せみがあまり見えない、梅雨明けがまだの為、本格的な夏になっていないからだろうか?

例年であれば、この時期に梨園のそばを通ると、顔や体に無数のアブラゼミがぶつかってくるのだが?

059 060

これらの梨は、今でも食べればおいしそうに見えるが、まだ甘味がないそうだ。

先日の台風の風にも耐えて、キズも入らずに大きくなっている。

今年も、まちどうしいなあ、、、、、はやくおいしい梨を食べたい。

|

« 隣の田んぼ | トップページ | 梅雨明けだろう。 »

梨(赤梨)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/219/7247927

この記事へのトラックバック一覧です: 梨の生育 No15:

« 隣の田んぼ | トップページ | 梅雨明けだろう。 »