« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月29日 (木)

食の安全、だいじょうぶか?

日記@BlogRanking
農薬屋のおいやんのブログにお越しやす、あまり興味のない話題ですがごゆっくりと、 まずは、この文章をポチッと押してから次に進んでや。

消費期限、賞味期限、製造日の改竄、及び内容物表示

の間違いなどが、次ぎから次ぎへと摘発されていく、

そのほとんどは内部告発であろう。

消費者はいったいなにを信用したら良いのであろうか?

自分の目を肥やすことに勤めなければならない、

今でも魚などを買うときには、これは新鮮である、

少し古くなっている自分の目で判断して、購入するのである。

しかしながら、2次製品は、製造日などを信用しなければならな

いし、賞味期限の過ぎたものが、回収され、再製造されて

いることなどまったく解らない。詐欺行為だ。

「農薬は怖くていや、でも虫食いもいや』というのは消費

者のわがままでしょうか?」

害虫による被害のない、“虫食い”の見られない野菜を

手にした消費者の中には、そのような野菜には農薬が

残留していて人の健康に悪いと思われる方も多いよう

です。「“虫を殺すぐらいだから、人にも害がある筈”、

でも“虫食い野菜をなくすためには、農薬を少々使用

するのは止むを得ない”」、「農薬は必要悪だ!」との

発言も聞かれます。一方、『農薬は怖くていや、でも虫

食いもいや』というのは消費者のわがままですよ!」

という自嘲気味のコメントも聞かれます。
ところが、農薬科学に関する研究事例を検証してみる

と、『農薬は怖くていや、でも虫食いもいや』という消費

者の思い込み・願いは、消費者の単なるわがままでは

なく、十分に実現可能であることが明らかとなります。

生物の分類学上、虫も人間も同じ動物界に属し、農薬

のような化学物質に対する反応、すなわち“害の受け

やすさ”には、共通するところがあります。したがって、

虫に害のある物質が人の健康にも悪影響を及ぼすケ

ースが数多く見られます。しかしながら、農薬に関しまし

ては、毒性学、生物化学、あるいは農薬科学の研究者

の長年の努力により『虫を殺すが人畜には害のほとん

どない』殺虫剤が数多く開発されてきました。昆虫と動

物との間における化学物質の代謝・分解(解毒や活性

化)の仕組みの違いや微妙な生物学的反応性の違いを

利用して、昆虫には効果を示すが、人畜には毒性の低

いあるいは無い(専門的には選択毒性と呼ばれます)農

薬の開発に随分以前から成功しています。そのため現

在使用されている殺虫剤の多くは選択毒性を示し、人

畜に対する毒性が低いにも拘わらず、殺虫活性が高い

という特性を有します。ちなみに、殺菌剤の中には剤そ

のものには病原菌を殺す作用がなく(したがって、人畜

に対する毒性が極めて弱い)、病原菌が作物に感染し

た際に作物の全身に菌に対する抵抗性を誘導すること

により、防除効果を発現するものもあります。また、昨

今の除草剤の中には、人が持っていない酵素系、例え

ば光合成系や必須アミノ酸合成系に作用するために、

誤って雑草に触っても人にはほとんど毒性を示さない

選択性の高い剤も多くみられます。

「虫を殺すのだから、当然、人にも害があるはずだ!」

と消費者の方々は思われがちですが、昨今は上述した

ような選択毒性を有する殺虫剤を中心に使用して虫食

いのない野菜を作っていますので、怖がる必要はござ

いません。

殺菌剤や除草剤についても同じことが言えます。一方、

厚生労働省が毎年実施している50万~90万件にも及

ぶ農薬残留検査によれば、「個々の農薬が基準を超え

て作物に残留する割合は僅か0.01~0.03%」です。消

費者がスーパーマーケットなどから購入する野菜に基

準を超える農薬が残留する割合は極めて小さいのが

現実です。

以上のように、『農薬は怖くていや、でも虫食い野菜も

いや』というのは消費者のわがままではないのです。

“選択毒性”という先端の科学を駆使して、“虫食いの

ない、人にも安全な野菜”の生産が現に行われてい

ます。
             

                               神戸大学客員教授 梅津憲治

この梅津教授の文を見ていると、農薬に携わるものとして、

もっと農薬のことを理解し、規定どうりに使用していれば安全で

あることを知らせることが必要であるように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

冬空にーーーーー

日記@BlogRanking
農薬屋のおいやんのブログにお越しやす、あまり興味のない話題ですがごゆっくりと、 まずは、この文章をポチッと押してから次に進んでや。


先日は、各地より、初雪、初冠雪、木枯らし1号の

便りが届けられていたが、今日11月22日は北海道、

東北、北陸の各地は猛吹雪となっているところも少なくない。

今年は、何かがおかしいのか?

夏場の猛暑、9月、10月の残暑の厳しさ、そして秋に

なったと思われた、11月初旬、それが中旬を過ぎれば

いっきに秋を通り過ぎ、冬の訪れ。

6月頃にラニーニョ現象なる言葉が言われていたが、それが

まだ、影響しているのか?

紅葉を楽しむ時期がなく、冬の雪景色となってしまったところも

多いだろう。

ホームページをセンスアップするための素材集
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

寒くなってきましたーーーーー

日記@BlogRanking
農薬屋のおいやんのブログにお越しやす、あまり興味のない話題ですがごゆっくりと、 まずは、この文章をポチッと押してから次に進んでや。



昨日、日本各地より、初雪の便りが聞かれてました、昨年より

10日から2週間ぐらい早く初雪が降ったみたいだ。

北風も強く、木枯らし1号が吹いていたようだ、今年は夏の暑

さも長く厳しかったが、冬も厳しい寒さになるのだろうか?

和歌山県の中部にある当地では、朝晩少し冷え込みが厳しく

なってきたが、まだまだすごし易い気候が続いてます。

我が家では、未だに、ホームコタツもストーブも使用せずに十

分過せてます、灯油の高騰が家計を圧迫するのが目に見えて

いるから大助かりだ。

昨日のような風もなく、穏やかな日和になってきた、日向ぼっこ

には最高である、弁当を下げ近くの山登りに行ってみたい様な

気分にもなる。

昨日、私用で田辺に出かけた、11日であったか高速のみなべ

田辺間が開通したのが、初めて通行してみる。

通常、国道42号で御坊ー田辺で約1時間かかるところがなん

と37分ぐらいで到着出来た、この高速は値打ちがある。

ホームページ素材集 都道府県別素材と四季の素材
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

新農薬か?

日記@BlogRanking
農薬屋のおいやんのブログにお越しやす、あまり興味のない話題ですがごゆっくりと、 まずは、この文章をポチッと押してから次に進んでや。



大塚化学のHPを見ていると、 あるじゃないか新規農薬が

ダニメツフロアブル
21237 (エトキサゾール・オレイン酸ナトリウム水和剤)











●有効成分 エトキサゾール 5.0% オレイン酸ナトリウム 2.0%
●性  状 類白色水和性粘稠懸濁液体
●毒  性 普 通 物
●魚 毒 性 B類相当
●有効年限 3  年
●包  装 500ml×20本/ケース
●PRTR エチレングリコール(1種43) 6.1%

---------------------------------------------
[特  長]

卵及び幼若虫に対する効果が高いので、成虫の密度が低い時期に散布すると効果的です。

エトキサゾールの作用機作により雌成虫が産んだ卵はふ化しないため、優れた残効性を示します。

天敵・訪花性昆虫に対する影響が少ない薬剤です。

[適用害虫と使用方法]

21237_tbl



成分がエトキサゾール、オレイン酸ナトリウムなんか聞いたことがある名前や、



 エトキサゾールは確か、八洲化学の開発したバロックフロアブルで系統から販売された薬剤で、そのバロックにロディーを混用してビルク水和剤が商系から販売された薬剤や確かもう5,6年前になると思う。

既存薬剤の混合剤ですね、バロックとオレートの混合剤でどれほどの効果が現れるのか確かめる必要がありそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

ダニサラバ

日記@BlogRanking
農薬屋のおいやんのブログにお越しやす、あまり興味のない話題ですがごゆっくりと、 まずは、この文章をポチッと押してから次に進んでや。



新規登録農薬発売される。

発売するメーカーは? 協友アグリ株式会社大塚化学株式会社の2社

大塚化学は知っているが協友アグリ株式会社知らない、どこかが社名変更したのか?それとも合併したのか?


Img02236  何や、何や?


こんなキャラクターが付いているのか。最近農薬も変ってきた、このようなかわいいキャラクターをつけてイメージを変えようとしてるのか?

農薬=悪い薬、このようなイメージを何とかしようと考えてるのであろう。

まあ、なんでもいい。新農薬やから効果がよければいい。

さてどのような新薬が発売されたのか?

ダニサラバフロアブル

名前は解りやすい、殺ダニ剤であろう。

Img020

特      長
● 既存の殺ダニ剤と異なる新規骨格を有する殺ダニ剤です。


● 既存剤に対して感受性の低下したハダニ類にも有効で、優れた残効性を示します。


● 各種ハダニ類の全ステージに対して高い活性を有しますが、特に幼虫に対する効果に優れて
います。


● 天敵・有用昆虫への影響が少なくIPM(総合的病害虫管理)に適しています。

Img021

新規化合物だから効果は安定していると思われるが、どの程度抵抗性がつきにくいか見てみる必要がありそうだ。

ダニ剤は、抵抗性がつきやすい、開発費に莫大な費用をあて、回収できないうちに、抵抗性で使用しないようになる、今のところ、殺ダニ剤の数があるから、1年に一回程度使用していれば、抵抗性もつきにくいであろう。

皆様が注意して、長く使用できる剤になればと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »